So-net無料ブログ作成

アトピーとアレルギー疾患

アレルギー性のという意味で使われるアトピーという言葉は、さまざまなアレルギー疾患に冠せられ、アトピー性皮膚炎、アトピー性気管支喘息、アトピー性鼻炎などと呼ばれます。 慣用的にアトピーという言葉はアトピー性皮膚炎を指し示して使われることが多いので、ここではアトピー性皮膚炎に話を限定して説明することにしましょう。 アトピーを成人まで持ち越すケース、成人になってから発症、再発するケースが増えていますが、従来は幼児期に発症し学童期に自然治癒すると考えられていました。

特に昨今成人患者が増加していることは、アトピー素因といったアレルギー体質だけでは説明が付かず、さまざまな環境要因が多大に影響していると考えられています。 アトピーのアレルギー原因となるアレルゲンは、私たちの生活のさまざまな場所に存在するものであり、ダニ、ハウスダスト、鳥の糞もこのアレルゲンとなり得るのです。 生活環境の変化とアトピーは大変密接な関係があると考えられ、たとえば進学、就職、職場の配置転換などでたまったストレスを、掻破行為で解消しようとし、皮膚を傷つけ症状を悪化させることになります。

現代医療においてアレルギーの発症を抑える手段はなく、アトピーが根治しうる治療法は存在しないゆえ、病院では症状の軽減を目的に治療が施されます。 仮にアトピーの原因であるアレルゲンがダニやハウスダストと断定されても、これらを環境から全て除去することは困難であり、多くの場合はアレルゲンの断定さえ難しいとされています。 いろいろな要因が刺激となりうるアトピーの治療には、清潔な住環境と規則的な生活が必要となり、十分な睡眠、ストレスの解消といったことも重要な項目となります。 チューリッヒ 自動車保険


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。